人気ブログランキング |

ボイラープレートコード撲滅er Lombok

Javaの話。

getterとかsetterとか、「普通書くよね」的なコードを
ボイラープレートコードといいます。
普通書くので、Eclipseとかには自動生成機能がありますね。

でも、普通書くなら、最初から書いといてくれればいいんですけどね。


的な話。




そこで、Lombokというものを使ってみましょう。

Lombokは、アノテーションの活用により
ボイラープレートコードを適宜補完してくれる大変クレバーなライブラリです。

Project Lombokからダウンロードしましょう。


jarを起動し、普段使いのeclipseを指定してインストールします。
ボイラープレートコード撲滅er Lombok_f0155972_2037275.png



ビルドパスに通すのも忘れないように。
ボイラープレートコード撲滅er Lombok_f0155972_2039140.png



さて、コードですが、適当なメンバを持ったデータクラスを記述し、
getter/setterを記述せず、クラスに@Dataアノテーションを付与しましょう。
ボイラープレートコード撲滅er Lombok_f0155972_2043938.png

するとアウトラインビューに書いたはずのないgetter/setterおよび諸々のメソッドがあります。

Lombokの@Dataアノテーションは、そのクラスをデータクラスと認識し、
各種getter/setter、hashCode、equals()などがさも存在するかのように振る舞ってくれます。


当然、思惑通り動いてくれます。
ボイラープレートコード撲滅er Lombok_f0155972_2046583.png



上から2つ目のbooleanはfalseになるのでは?とか判定に疑問なところもありますが
ちょっと検証してみようと思います。


まだまだ出来ることがたくさんありそうなので
たぶん明日に続きます。
by hsls | 2014-12-09 20:48 | 技術記事


<< ボイラープレートコード撲滅er... macでgyazoをショートカ... >>